岡山県瀬戸内市長船町の
一般歯科・小児歯科・矯正歯科
ホワイトニング(自由診療:3万9千6百円~)
インプラント埋入(自由診療:30万8千円~)
矯正歯科(自由診療:55万円~ ※治療内容による)

瀬戸内市 歯科 医療法人 中條歯科医院

メニュー

ブログ

ブログ

先日の周匝のLAWSON での出来事

100円ほどのチョコを買ったとき、レジのアルバイトはバーコードを読み取った後、乱暴に商品を置いたため、レジ台から商品がとびだした。アルバイトは慌てて中から出てきて、それを拾うと普通にレジを開始した。思わず

私「オイオイ、なんとか言えよ。すみませんとか、お取替えしましょうか、とか?」

アルバイト「お取替えしましょうか?」 お互い、すでにむっとしているので

私「当然、かえて」

アルバイトは商品をもって、商品棚へ急いだ。二人目の店員と何やら話していたが、商品のチョコを持って帰ってきた。

店員「こちらでよろしいですか?」

私「いや、それは要らない、別の商品にする」

違うチョコを差し出した。

私「交換するときは、置いていかないといけない、でないと、同じ商品もってきてもわからんからね。それくらいのトリックは俺でもできる」

おとなしくコーヒーをもって店を出た。

 

歯科医院では患者が落としたコップなどは、落としたままで新品へと交換するよう指導している。汚れたものを再度持ってきたかのように思われたくないからだ。

上記の店にそのようなマニュアルがあるのか、そのアルバイトが知らないだけなのかわからないが、次回からはそのようにした方が良い。

 

アルバイトは、嫌みな客(私の事)で憤慨しただろうけど。

もう一点

当医院でも私を含めどのスタッフでも、患者に不快感を与えると、「あそこの歯科医院は、、、」

と歯医者全体のイメージを損なうことになる。「対岸の火事」ではないと思うことしきり。      中條

スタッフ募集のお知らせ

私たちと一緒に働きませんか\(*^-^*)/

・歯科衛生士

・歯科助手

・保育士

・受付

・クリーンスタッフ

上記の職種のスタッフを募集しております。

歯科で働いたことがない未経験者の方も、安心してください!(^^)!

現スタッフの中にも未経験で入社し、勤め続けている者もおります!

勤務時間は相談可ですので、主婦の方・子育て中の方も大歓迎です(^^)/

見学からでももちろんOKですので、ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

お待ちしております(^^♪

あけましておめでとうございます

『めでたさも 中くらいなり おらが春』

今年は我が家では受験の年です。新たな出発が望む方向であることを親として期待するだけです。

近年我々の日常がパンデミックによって大きく変わってしまいました。これからも変わり続ける

歯科業界、歯科医院の運営に対応していくのは大きなエネルギーが要ります。

他方、変化の方向を見極めつつ、自分なりの生き方を模索していくことは、これはこれで楽しい

ことであります。ボランティア活動の再開を期待しつつ、コロナには負けない強い精神で頑張って

行くとともに、皆様と我々の幸せを願うばかりです。       院長 中條新次郎

 

改めまして、新年あけましておめでとうございます。

上記の院長の挨拶を載せた院内通信『ハピCHU通信2022新春号』を本日よりお配りしております(*^-^*)

衛生士の豆知識、院内での取り組み等載せていますので、ご一読いただければ幸いです。

今年も皆様のご期待にお応えしより一層業務に努めて参ります。皆様のより一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

☆Merry Christmas☆

みなさんのおうちにサンタさんは来たでしょうか(*^^*)?

25日は院内でもクリスマスイベントを開催しました!

みなさんに喜んでいただきたく、ささやかですがプレゼントをご用意させていただきました。

見事1等、2等、3等が当選された患者さんに写真を撮らせていただきました♪

みなさん、ご協力ありがとうございました(*^-^*)!

喜んでいただけて何よりです(*^^)♡

来年も患者さんに喜んでいただけるイベントを企画していきたいと考えています!

ご参加・ご協力よろしくお願いします♪♪

 

そして今年の診療日も残すところ明日1日となりました。

ご迷惑をかけた点もあったかと思いますが、みなさん継続して通ってくださって感謝いたします。

来年も患者さんの口腔内の健康に努めてまいりたいと思います(^^)

来年は1月4日からの診療となります。

良いお年をお迎えください。

度々の破折

歯の破折に関して度々思うのは、わかりにくいことです。

患者さんは「虫歯かもしれないので、診てほしい」と言い、言われた方は「虫歯ではありません。」と答えて終わり。

あるいは、本人は歯周病かと思ってしまうケース。

確かにレントゲンでは歯周病の様であり歯の動揺もあります。

そう思うのも無理はありません。

歯科医師の中にはそう思う者もいるでしょう、きっと。

口腔内を観察すると一部破折を思わせる黒い筋を見つけました。

よく見ないとわかりません。虫歯と見間違う可能性もあります。

少し削ってみるとはっきりしてきました。

神経の治療をするべく削ってみると破折線は歯髄に達していたようです。

破折による症状は虫歯や歯周病と勘違いされることが多いかもしれません。

歯科医師も確定診断には慎重になります。つまり、「様子見ましょう」と言われることが多いのではないかと危惧します。

一般的には理解しにくい病態ですから、しっかりした診断が必要です。     中條

セメント質剥離

一枚目は典型的なレントゲン像です。

患者さんは痛みなど症状を訴えませんが、歯肉が赤っぽく腫れています。インプラントと繋がっていますから歯の動揺はありません。ブリッジを除去すると動いています。

二枚目は咬合痛を主訴としています。ポケットがあり、レントゲンでも歯根周囲に何かありそうなのがわかります。

一枚目は少し歯茎を開けさせていただきました。白いガサガサした石灰物が歯の表面と歯肉内の肉芽の中に存在しています。目視で可及的に取り除きました。

二枚目の治療では切開しませんでしたが、ポケット内を探りながら石灰化物を取り除きました。

歯肉の腫れの原因は、歯周病、根尖性歯周炎、急性歯髄炎等ありますが、診断をつけにくいのが、歯根破折やセメント質剥離ではないかと思います。もしかしたら、この病名を知らない歯科医が居るかもしれません。

どうしてもレントゲンの診断によるところが大きいので、CT撮影にもご協力お願いします。      中條

年末年始のお知らせ

年末年始の診療日のお知らせです。

12/28(火)8:30~12:30  午前診療

12/29(水)~1/3(月) 休診

1/4(火)~ 通常診療

とさせていただきます。お間違えのないよう、よろしくお願い致します。

 

 

☆X’masイベント告知☆

今年も残すところあと1か月となりました('_')!

12月になりお店や街並みも一気にクリスマスムードですね☆

院内もクリスマスの装飾やBGMで華やかになっています(*^^*)

受付ショーケースの中も可愛いのでぜひじっくりご覧になってくださいね~♪♪

昨年はコロナの影響もありクリスマスのイベントができなかったのですが、今年は・・・

クリスマスイベント開催します!!

12/25(土)に来院された方にはくじ引きをご用意しております!

当たってうれしい景品ばかりですので、お楽しみに~(*^▽^*)♪

破折

歯を失う原因は歯周病、虫歯というのはよくわかりますが、破折といわれてもイメージがわかないかもしれません。

前出のグラフでは第三位です。

歯の破折はいたるところにあるようです。(経験では)歯冠、歯根どこにでもです。レントゲンで見えるようなものは分かりやすいですが、破折に至る「ヒビ」の状態ではレントゲンに写りませんので、診断に窮します。

これは下顎の第一大臼歯の「ヒビ」です。患者は「噛んだら痛い」と来院されましたので、かなり診断が楽でした。充填処置はありましたが、虫歯はありません。レントゲンでは以前と変化ありませんでした。

即刻神経の治療です。途中、写真のようになったとき、遅ればせながら、「ヒビ」を目視できました。歯の後ろから、神経に至る「ヒビ」(破折)が認められます。実はもう一本頬側に「ヒビ」を拡大鏡で確認しています。

このように診断が早くつくときばかりではありません。「知覚過敏」と誤認される場合も多いかもしれません。     中條

根尖病巣の歯根端切除 !閲覧注意!

左端の歯に症状はありません。膿が出たり、腫れがあったりしていませんが、これから補綴していきますので、根尖部の透過像が気になります。

歯根端の位置を確認して、切開します。

骨の表面を見てもわかりにくいですが、薄い骨と肉芽を取ると、見えてきました。

根尖部の病巣は単純な根尖病巣ではなく、根尖の破折によるものでした。

根先にもヒビがあり、切除しました。 ヒビは根の側面に伸びており、可及的に肉芽を取りましたが、すべてのヒビを目視できません。

削った根尖をコンポジットレジンで修復し、

大きな穴は医療用のコラーゲンを詰めて、

縫合しました。

根先部の病巣は根管治療で全てが治癒するものではありません。

また、全てが破折しているわけではありませんので、もどかしいところです。

歯を抜きたい患者はいないので、保存に努めるのはCTの読影と洞察が大切です。

ちなみに、この歯がいつまで使えるかわかりませんが、何があっても原因が

分かっているので、処置方針が適切に行えると思っています。   中條

診療科目

ページの先頭へ戻る