岡山県瀬戸内市長船町の
一般歯科・小児歯科・矯正歯科
ホワイトニング(自由診療:3万9千6百円~)
インプラント埋入(自由診療:30万8千円~)
矯正歯科(自由診療:55万円~ ※治療内容による)

瀬戸内市 歯科 医療法人 中條歯科医院

メニュー

ブログ

ブログ

根破折

右下の臼歯の両方、各々二つあるうちの後ろ側の根先部に黒い影が広がっています。これはレントゲンの透過像で病巣の存在と、歯槽骨の吸収を意味しています。

一般的にこのようなパノラマレントゲン(写真は全体から一部を切り取っています)で診断を進めていますが、これだけでは診断には不十分です。

さらに、診断のためにCT、マイクロ(顕微鏡)も使用し診断していきます。CTによると第一大臼歯の遠心根は2根に分かれていて、その二つの遠心根の間に透過像が見られます。

第二大臼歯の遠心根は1根でした。

クラウンを除去し、根管治療を開始します。第二大臼歯は根の先まで治療可能でしたが、第一大臼歯の遠心根は閉鎖しており、先へ進めませんでした。この過程で、マイクロで歯の中を観察したのが次の写真です。

わかりにくいですが、遠心根の中に縦に走る「ヒビ」を見ることができます。

このような「ヒビ」(クラック)は位置や大きさによりますが、治療は困難で、自然治癒は望めないので、抜歯となるケースが多いと思います。

つまり、この二つの歯の病巣は一方は感染根管治療で回復が望めるものと、破折によって予後不良に分かれます。

根尖病巣の診断は、1枚のレントゲンではわからないのが現実で、CTやマイクロによる審査、目視による診断が大切です。  中條

診療科目

ページの先頭へ戻る